転職をするメリット

転職をするメリットは主に二つあります。一つ目は収入が上がる可能性がある点です。現在の収入で満足していないという時、今の会社よりも時給の高い会社があれば、そこに移った方が収入が上がります。二つ目は、人事評価がリセットできる点です。うまく積極的に仕事をこなせずやりがいを感じにくくなっていると、そのイメージが会社内で定着してしまいますが、転職すればそのイメージを払拭できます。

医療関係の職業

ナース

需要がとても高い看護師

医療関係の職業の中では、看護師の需要が高いです。東京は特に大型病院がたくさんあるので、転職先には困りませんし、むしろ看護師の経験があるということで採用されやすいです。そのため看護師は転職しやすい職業でもあります。

専門分野ごとに分かれた医者

医者は、歯医者以外は同じような教育課程を通ってなります。専門分野ごとに分かれるのは、大学に入ってからだいぶ先のことです。医者は需要が高いですし、実績を積んだら開業するという選択肢もあるので、自由の効く職業です。

新薬を開発する医薬品研究者

現在の医療に欠かせないのが医薬品ですが、それを新たに開発するのが医薬品研究者です。医薬品研究者は、効果が高くなおかつ実用性のある新薬を作るために毎日研究する職業なので、収入は実績に大きく左右されます。そのため収入ではなく研究環境に納得していない場合に、転職を考えます。

業界に特化した転職サイトを活用しよう

どんな職種の求人も幅広く扱っているサイトがたくさんある中で、医療系や保育系などある職種に特化した求人のみを掲載しているサイトもあります。また、求人サイトによっては地域別、ジャンル別に分けて探すことも可能となっているので、自分が働きやすい地域に絞って探してみるとよいでしょう。最近では、介護職の需要性も高まっていることから求人も増えてきています。そんな中、やりたい職業が決まっている方は、特化型のサイトで求人を探した方が、スタッフが詳しい人が多いので良いです。

看護師と介護士の違い

看護師はあくまでも観察のみ

看護師の仕事は、その名前通り見守ることまでです。例えば病人に対して、体温を測定したり不調がないか確認するのは看護師の役目ですが、手が不自由な患者に対してご飯を食べさせたり、足が不自由な患者に肩を貸すといった観察を逸脱する行為は基本的には看護師の仕事ではありません。

介護士は相手を補助する

介護士は、観察から一歩踏み込んで相手の介助も行います。食事を食べさせたり、歩けるように肩を貸したりするといった行為も介護士の仕事です。こうした介護士の仕事は、ホームヘルパーや老人ホームの職員として老人に対して行われることが多いです。

介護職の求人探しには専門サイトを利用しよう!

看護師の転職で成功するには?チェック項目を要確認

看護師

看護師求人でチェックしておきたいポイント

やはり転職する時に一番気になるのは収入です。今の自分の収入よりも高い収入を得られるかどうかはしっかりと吟味してから転職を決めましょう。転職しても必ず能力が認められて昇給するとは限らないことや、転職先で失敗して待遇が今よりも悪くなる可能も考慮しておきましょう。また勤務時間にも注目すべきです。完全週休二日制なのかどうか、夜勤は何時間で連続勤務は何時間までなのかなどはとても重要なので、面接で確認しましょう。

広告募集中